クリニック 看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? クリニック 看護師の記事一覧

クリニックの看護師が2年目で感じる悩み

クリニックの看護師が2年目で感じる悩みにはどのようなものがあるのでしょうか?

クリニックの看護師は2年目をクリアすると長く勤務できるケースが多くなります。その理由も含めて説明します。

クリニックの看護師は2年目を乗り越えるのが難しい?

クリニックの看護師は2年目を乗り越えるのは難しいものです。というのも、1年目は仕事を覚えることで一生懸命ですが、2年目になると3年目以降ずっと長く勤務していけるかどうかを考えるようになります。

特に問題となってくる部分というのは、以下の内容になります。

院長やスタッフとの人間関係

2年目になると人間関係のことについても、真剣に考えるようになります。1年目の場合は仕事を覚えていくことに真剣になるため、少々の人間関係の問題も気にする余裕がないこともあります。

しかし、2年目になると仕事にも慣れ、人間関係の問題も感じやすくなります。仕事に対する考え方や相性など、院長やクリニックのスタッフと合っているかどうかを考えるようになるのです。

その結果、長く勤務できる自信がないとなると、退職に気持ちが傾くことがあります。

将来的なキャリア

クリニックに就職する際にいろいろな理由がありますが、その中に病院での仕事に疲れて、というものがあります。

そういった看護師は、クリニックで1年勤務すると、クリニックの仕事内容を把握することができる看護師もいます。

仕事のことを把握すると、今後その仕事を何年も行っていくことについて考えるようになります。

もちろん、その仕事内容に満足しているのであれば問題ないですが、院長の診察介助や簡単な医療措置だけでは物足りないと感じるようになることもあります。

そして、やはり病院に戻りたい、将来的なキャリアとしてこういったことを学びたい、と思うことがあるのです。

クリニックでの看護師の仕事は基本的に院長のサポート業務が殆どになるため、看護師としての技術、スキル向上という面では物足りなく感じることも少なくありません。

それを感じるのが2年目なのです。

保証面に関する不安

クリニックで2年目になると、長く勤務していくことにおいての問題点に関して、真剣に考えるようになります。その中で最も大きいのが、保証の問題です。

特に気になるのが社会保険と厚生年金ですね。クリニックの場合は、医師国保と国民年金になっていることが少なくありません。

この組み合わせになると、国民年金は自分で払うことになるケースが多く、結果的に自己負担金額が増えることが多いです。

そして、年金をもらえる時の金額が少ないというのも不安になりますよね。更に退職金などの部分に関してもないところが多いため、トータル的に考えると、クリニックの保証というものは少ないです。

これも長く勤務することを考えると、どんどん不安が膨らむ要因になります。

クリニックの看護師が2年目を乗り越えるためには

クリニックの看護師が2年目を乗り越えるためには、どのようなことが重要になるのでしょうか?

最も大切なのは1年目でどれだけ円滑な人間関係を築けるかです。つまり、2年目の問題は1年目の過ごし方によって大きく変わってくるのです。

上記の説明の中で、1年目は人間関係など感じる余裕がないと書いていますよね。それと矛盾していると思われる方もいるかもしれません。

しかし、2年目に起きる人間関係の問題の芽は、すでに1年目にあるのです。

どういうことかというと、1年目は1年目の人間関係の問題があっても、仕事を覚えることに一生懸命で特に気にしていないこともあります。

それが2年目になって仕事を覚えて少し余裕ができると、人間関係についても冷静に考えることができるようになります。

そして、人間関係の問題点に気づいた時には、そういえば1年目から、となることが多いのです。その結果、転職を考えるようになります。

つまり、2年目に1年目からの人間関係の問題に目が向いた時、転職に向けて行動するようになる、ということです。

人間関係についてもそうですが、その他にも2年目の問題というのは1年目にすでに生じていることが多いです。将来的なキャリアに関しても保証に関しても、うすうす不安に感じるのは実際は1年目です。

そして、1年目に感じた不安について真剣に考える2年目に転職活動となるのです。転職しないで2年目を乗り越えることが出来るかどうかは、1年目に感じた不安とどのように向き合うかが重要になってきます。

先輩看護師や友人の看護師に相談したり、自分なりのストレス発散方法を見出したりすることも大切になってきますね。その上で我慢する部分を我慢していくことが出来れば、乗り越えることができるでしょう。

クリニックの看護師が2年目に転職するのは良くない?

クリニックの看護師が2年目に転職するのは、あまり望ましいことではありません。

もちろん、上記の内容を踏まえて、早めに転職することも必要かもしれませんが、2年目に転職することで、転職癖がつくことがあります。

2年目に転職するということは、上記の3点の中、人間関係、キャリア、保証に対して不安を感じたことが原因となっているわけですが、仮に2年目で転職すると、その後はこの3点を更に意識するようになります。

その結果、次の就職先では最初から3点について意識してみるようになり、その結果ちょっとした不安が生じただけでもすぐに転職するようになってしまうケースがあります。

まとめ

クリニックの看護師が2年目で感じる不安、そしてそれがもたらすことについて説明してきましたが、いかがでしたか?

人間関係、キャリア、保証という3点に関しては、クリニックで勤務するにおいて必ず問題になってくるものと言っても過言ではありません。

よって、クリニックで勤務したいのであれば、ある程度は我慢する、もしくは気にしないことが大切になってきます。

そして、同時に気にならないレベルのクリニックに就職することが大切にもなってきますね。そういったクリニックを探すためには、看護師転職支援サイトを活用すると良いかもしれません。

看護師転職支援サイトの転職コンサルタントは、人間関係や仕事内容、保証などについて、実際にクリニックの院長などと話をする中で多くの情報を把握しています。

その情報をもとに探せば、あなた自身が3点を気にせずに働くことができるクリニックを見つけることができるでしょう。

クリニックの看護師 求人に強い転職サイトは!?

    マイナビ看護師

    マイナビ看護師

    クリニックでおすすめの看護師求人を探しているならば、マイナビ看護師に相談するのが一番です。実績豊富で、大きな人気病院だけでなくクリニックや診療所のような勤務先の求人も細かく掘り下げてあるので、頼りになります。コンサルタントさんの対応も、看護師の口コミでは高評価です。

転職サイトランキング