クリニック 看護師の求人に強い転職サイトは、どこ? クリニック 看護師の記事一覧

美容クリニックは看護師の職場としてどうなの?

美容クリニックは看護師の職場としてどうなのでしょうか?

美容クリニックは20代、30代の看護師に人気が高い職場の1つですが、美容クリニックはどういったところなのかを正確に把握して選択することが大切です。

美容クリニックは看護師がメインとなって行う業務が多い?

美容クリニックは看護師がメインとなって行う業務が多いという特徴があります。美容クリニックでの看護師の業務はオペ介助、採血・点滴・注射、レーザー機器の照射などです。

この中で、看護師が中心となって行っていることが多いのが、レーザー機器の照射ですね。

もちろん、医師にしかできないレーザー機器もありますので、そういったものは看護師が行うわけではありませんが、看護師が行うことができるものもあります。

例えば、レーザー脱毛の機器は看護師が扱うことができるものがほとんどです。レーザー脱毛は個室で患者様と2人で行いますので、看護師が中心となって行っていると言えます。

また、美容クリニックでは患者様への説明業務や、化粧品の販売などを行うこともあります。

もちろん、化粧品を販売することは看護師の業務ではありませんが、お客様がドクターズコスメを求める際に、看護師に聞きたくなりますよね。

また、例えばレーザー脱毛の照射を行っている際に肌の悩みなどを相談し、その対策、ケアの手段の1つとしてドクターズコスメをお勧めすることもあります。

決して販売員のようにどんどんお勧めして販売しなくてはいけないというわけではありませんが、自然な流れの中で販売していく姿勢は大切です。

こういったことが好きな方が美容クリニックに向いていると言えますね。

美容クリニックの看護師はオペ介助がメインになっていることもあるの?見分け方は?

美容クリニックの看護師はオペ介助業務がメインになっていることもあります。クリニックの名前、もしくは標榜診療科目として美容外科となっているところが、オペ介助業務が多いと言えますね。

ただ、最近の傾向として美容外科も美容皮膚科も形成外科も全てを標榜しつつ、美容クリニックとしていることが増えています。

となると、看護師の業務内容はどういったものが多いのか分かりにくいですよね。

基本的には、行っている施術内容の中に、豊胸や脂肪吸引など大掛かりなオペが必要なものがメインとしてあるとオペ介助が中心になっていることが多いです。

また、オペ介助は体力も必要になってきますので、年齢制限を35歳までとしているケースが多いです。これもオペ介助がメインの美容クリニックかどうかの見分け方になりますね。

そして、もう1つ言うと、美容外科のオペは高額なものが多く、メインとして多くの実績を挙げているところは、収益も上がっていることが多く、看護師の給料も高めです。

オペ介助業務が殆どない美容皮膚科であれば、月給20万後半というところが、美容外科のオペが中心となっているところは月給40万というケースもあります。

この辺りも美容外科のオペ介助業務が多いかどうかの判断基準の1つになりますね。

美容クリニックは看護師にとって人気が高いところだけれど・・・

美容クリニックは看護師にとって人気が高いところではあります。というのも、美容に興味がない女性は少ないですし。患者様の死に関わることがないというのも、精神的な負担が少ない職場とも言えます。

しかし、美容クリニックの世界は特殊であって、決して楽な業界ではありません。自由診療分野でそもそも看護学校で学んだことがない、教科書にないことを実践することになるためです。

つまり、どれだけ看護師としての経験があったとしても、美容クリニックに転職すると、一から覚えていかないといけないことばかりです。

そして、美容クリニックで仕事を覚えても、次に別の美容クリニックに転職すると、また覚えることが多いのです。何なぜかというと、美容クリニックは自由診療であるため、やり方も自由なのです。

保険診療の場合、国が定めたマニュアルがありますので、職場が変わってもやり方が大きく変わらないことも多いですが、自由診療であるとクリニックがやり方を決めますので、クリニック独自のやり方になっているということですね。

このことから、美容クリニックで勤務を数年行い、その後病院に復職する際にも、美容クリニックでの経験がブランクと同じような扱いになってしまうことがあります。

また、上記で少し触れているように、美容クリニックの中でオペ介助メインのところは月給40万のところもあることから、美容クリニックで働いていた看護師は給料にうるさいといったイメージを持っている病院の採用担当者もいます。

つまり、美容クリニックで勤務後に病院に復職する際には、好条件で採用してもらうことが難しいケースもあることを認識しておく必要があります。

それだけの覚悟を持って美容クリニックの世界に飛び込むことが重要と言えます。

まとめ

美容クリニックの看護師についていろいろと説明してきましたが、いかがでしたか?

美容クリニックは、基本的に20代、30代の看護師から人気が高く、仕事内容や給料などの待遇面に惹かれている方が多いです。

しかし、実際には美容クリニックで勤務する際には、病院への復職の際に苦労する可能性があることや、仕事内容として販売に近いような内容があることも理解し、受け入れた上で選択することが大切です。

美容クリニックを転職先の1つとして考える際には、看護師転職支援サイトの転職コンサルタントに相談し、今後のあなた自身のキャリアプランを話した上で、一緒に考えてもらうと良いでしょう。

実際に、看護師転職支援サイトの転職コンサルタントに美容クリニック志望の相談からスタートしたが、結局は病院への転職になった、というケースも体験記などでみかけます。

また、美容クリニックを転々としている看護師も少なくありません。仕事内容、人間関係などが思っていたものと違うとなったりして、早期で退職しているのです。

こういった点も、転職コンサルタントから詳しく説明を受け、選択することをお勧めします。

クリニックの看護師 求人に強い転職サイトは!?

    マイナビ看護師

    マイナビ看護師

    クリニックでおすすめの看護師求人を探しているならば、マイナビ看護師に相談するのが一番です。実績豊富で、大きな人気病院だけでなくクリニックや診療所のような勤務先の求人も細かく掘り下げてあるので、頼りになります。コンサルタントさんの対応も、看護師の口コミでは高評価です。

転職サイトランキング